前駆動試作始めました。

こんにちは。班長の瀧澤です。

今年のコクピの駆動は前駆動にしよう!ということで昨日から試作を始めました。試作といっても、昨日の段階ではバネを替えて位置を調整しただけの適当試作ですが・・・・・・。それでもそこそこいい感じだったので希望が見えました!これから本番を意識した試作を行っていきます。

僕以外のコクピ班員が。


どういうことかと言いますと、班長は明日で帰省してしまいます。いろいろ任せることになりそうで本当に申し訳ないと思っています。班長失格ですね。すみません。本当に。タイミングがよくなかった・・・・・・(言い訳)。プリプレグが帰省中に届くからそれまで何もできなかったんでふ・・・・・・(言い訳)。

ということで他の班員諸君、よろしくお願いします!
スポンサーサイト

モックアップに乗ってもらいました!

こんにちは!コクピ班長の瀧澤です。夏タームたったの1個しかないテストを終えてようやく夏休みに入りました。いや~大変だったな~テスト一1個だけど大変だった~~~~。

今日は一週間以上前に行ったモックアップによる確認についてです。やった日にブログを書こうと思っていましたが、あとであとでを繰り返してここまで来ました。

画像が今年つくったモックアップです。(後ろの方とかその場凌ぎ感がすごいですね。)今年はトレーニングマシンに似せたほうが練習と本番のギャップが小さくていいだろう、という勝手な判断でトレーニングマシンを模倣してモックアップを作りました。
モックアップ

ペダル、椅子等の位置関係、背もたれの角度等は確認できたので、これをもとに実際のフレームを決定していきたいと思います。

それではまた。



モックアップ製作しました!

お久しぶりです。コクピ班長になってしまったと思われる瀧澤です。(電装班なんてなかった

今日はパイロットが乗るフレームのもととなるモックアップを製作しました。YMDの「どんくらいかかる?」という質問に対して「まぁネジで止めるだけだし30分くらいでしょ(鼻ほじ)」と答えておいて実際にかかった時間は

1時間30分

えぇ……(困惑)

みんな心の中で (あ ほ く さ。 やめたらこの仕事?) と思っていたに違いありません。僕は思ってました。ごめんなさいみなさん。

まず横の木の長さが足りない。僕が切り出しのときに長さを間違えていたみたいです。それに斜めの木がうまくはまらない。などなど……。
なんやかんやでいい感じに固定しましたが、見た目は相当アレなことになりました。

まあ数年前のコクピ班長も、長さをミスってパイロットの足が届かないとかやってたみたいなのでこれくらいはいいでしょう(大先輩の失敗を掘り返す後輩の屑)。

今回はあの手この手で足りない部分を補えましたが、本番のフレームではそんなことできないので気をつけたいです。
明日パイロットに乗っていただく予定なので、その様子とモックアップ(笑)の写真を次回載せたいと思います。
それではまた。

コクピ班の苦悩

 あれはうだるように暑い日だった。時刻は午前10時。他の部員達が蟻のように足場を組み立てている中、私は瀧澤とともにコックピットを運んでいた。重心試験。それはある種の戦いだ。コックピットの重みがズシリと伝わってくる。コックピットはこれから足場の上にあるレイゾンに結び付けなければならない。今からこれを持ち上げなければならないと思うと憂鬱だ。足場の上から声がかかる。さあ、勝負のときだ。瀧澤と息を合わせてコックピットを持ち上げた。あと私ができることは、足場の上の仲間たちが去年の知識を総動員し、レイゾンに固定していくのをただ見ていることだけだった。
 重心試験が始まった。コックピットが揺れないよう、緊張で震えている手をそっと離す。コックピットはゆっくりと回転を始めた。大変だ。私は急いで保持に入る。幾度もの調整を行い、重心が確定した。これで終わりだと喜ぶ反面、この時が来てしまったという思いが押し寄せる。先日瀧澤に頼まれていたモックアップの材料を買いにかなければならないのだ。私は運転を頼まれている。免許を取ってからの日が浅い私には荷の重い仕事である。
 ホームセンターに到着した。私たちは材料の木を見つけた。あとは運ぶだけだ。そう思い、サービスセンターにトラックを借りに行った。しかし、買ったものが少なすぎたためか、貸してもらえなかった。ここから大学まで2キロほどある。外の気温は33度。快晴である。この中を歩いていくのは正気の沙汰ではない。私たちは再度頼んでみたが、現実は無情だった。仕方なく私たちは大学へと歩みを進めた。
 ジリジリと照りつける太陽がゆっくりと、しかし着実に体力を奪っていく。2m近い木材を持っている私達にはコンビニで休憩するということもできない。熱せられた生ぬるい風が頬を撫でる。あと少し、大学は見えている。そう思えば思うほど大学は余計に遠くに感じる。水がほしい。ポツリポツリと立っている街路樹のつくる木陰が、我々の唯一の救いだった。
 ついた。我々はあの地獄からついに生還を果たしたのだった。とりあえず水がほしいと思い、駆け足で購買に向かった。だが、我々にはさらなる試練が待ち構えていた。購買の冷蔵庫が故障した。飲み物は冷えてない。ホットならしっかりと温めてある。張り紙にはそう書かれていた。我々は絶望した。こうして我々はトボトボと水飲み場に向かっていった。

文責 山田

書類提出~やれやれだぜ

こんにちは、コクピ班長の永本です。
え?君のブログはもう見飽きたって?まあまあ、コクピ班は二人しかいないし、もう一人は今いないので我慢してください。

さて、最近僕はコクピの仕事よりも鳥コンの書類仕事に力を注いで働いていたので、今日は書類のことメインでブログ書きます。
これまでの書類の仕事を振り返ってみると

みんなからアイデアを出してもらう
→アイデアを文章で書いてみる
→アイデアを絞る
→書類の原案を書く
→書類の修正✕3
→清書前チェック
→清書
→最終チェック

といった流れでした。本当に大変でした…
部下として一緒に頑張ってくれた1年生のT氏には本当に感謝しています。今度何か奢ろうかな(500円以内)
修正と清書にはやはり時間がかかりました。後で苦労しないためにも1ヶ月前には書類作業を始めることをおすすめします。

ともかく、そんなこともあり…
書類提出

本日、書類提出しました!

やっとこさ…やっとこさ仕事が一つ片付いたぜ
※書類は窓口で提出しました。

ということで、明日からは久々にコクピの作業にもどれそうです。
早いとこ発泡を注文して、その間に駆動部を完成させなきゃ…やれやれだぜ

それではまた
プロフィール

北海道大学人力飛行機製作サークルNorthernWings

Author:北海道大学人力飛行機製作サークルNorthernWings
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム