がっきまつ

つきおかです。
先日シャフトを加工したりフレームを削ったりといろいろしてました。
しかしテスト期間ってこともあり今週は(ぼくは)なんもやってませんでした。
優秀な2年生と違って1年生は何やら雲行きの怪しい様子です。ぼくもまた例外ではありません。

テストが終わり次第交流会資料作成に勤しみたいです。
スポンサーサイト

部室の様子

こんにちは、少し久しぶりになります。
大熊です。

今回は部室の様子の変化を写真で少し紹介します。

まず、去年の夏。引っ越してすぐで、まだ去年の翼も残っています。
DSC_0380-1_convert_20100126163132.jpg

そして、去年の秋に翼を壊して
DSC_0385-1_convert_20100126163208.jpg

現在はコクピがこんな感じです。少し写真が古いですが。。
DSC_0767-1_convert_20100126163225.jpg

また、変化があれば連絡します。
ではでは

第1回パイロット体力測定

お久しぶりとなってしまいました。設計責任者の井上です。

先日24日、第1回パイロット体力測定を行いました。
これは、パイロットの体力推移を確認するために行うもので、パイロット自身のトレーニングの目安を作るためのものでもあります。
また、公表することでパイロットにプレッシャーをかける効果も

今回も、かつてパイロット試験を行った札幌市立西区体育館で行いました。
ここには仕事率が表示されるエルゴメーターが配置されています。

今回の目標は270Wで2分としました。
このように目標を設定した理由はいくつかあります。
270Wというのは設計値通りですが、この値は余裕を持ったものであり、実際にはエルゴメーターに表示される270Wという負荷がかかっているとはとても思えません。
しかし、操縦しながら漕ぐということ、旋回時のエネルギー消費が大きいことを考慮すると、270Wでトレーニングしておくことが最善だと考えました。
また、無酸素運動に近い状態となるため、同じ時間を漕いで徐々に負荷を上げていくよりも一定負荷で時間を延ばしていくことをトレーニングの道筋としているという理由もあります。


そうした目標を設定した上でのパイロット南君の結果は…

270Wで1分40秒でした!

残念ながら目標値には届きませんでしたが、3月初旬の第2回へ向けて頑張ってほしいと思います。
次回の目標値は、270Wで2分30秒です。

駆動班独立への道 part10

どーもお久しぶりです。コクピット班班長にーめまです。

 ここ最近テンショナーやガイドナーを調整して駆動試験を行っていますが、
なかなか上手くいかなくて若干焦っています。
 順調に作業が増えてきていますが、もうロールアウトまで二ヶ月しかないので
とにかくやるしかないという気持ちで頑張っていきます。
 来週からはBB固定のための恐怖の三角プレート作りが始まるので今から覚悟しておきます。

 それでは今回はこの辺で。
目指せ駆動班独立!!

光陰矢の如し

コクピ班フレーム課のカズキです。
8月以来の投稿です。これからはもっと更新したいなぁ~(8月にもいってたような…)

まあこれだけの時間があれば、そりゃあ作業も進みます。
こんな感じです。
CIMG0571.jpg



あっ、少しだけ違いました。ホントはこちらです。
CIMG0570.jpg

この後、付けてからはフェアリング  黒から白へ

カーボン班の季節が

カーボン班の束田です。
連続となっていますが、作業報告です。

いよいよ、マウントの作業やプレートの作業が本格化しはじめます。
とりあえず、型を作り始めますが、どれも大事なパーツとなるので、
気を抜かずに頑張ります。
少ない作業報告ですが、また書き込みします。

荷重試験報告

強度設計の束田です。
1月10日に荷重試験を行いました。
まず、前日までの準備、雪かきや当日の作業等、現役部隊だけでなく当日来てくださったOB・OGさん方ありがとうございました。

では、試験報告をしたいと思います。

1.桁の破壊は起きなかった。
2.桁のたわみが大きかった。
3.左右で桁のたわみが違った。

これらが大きな試験結果です。これらの内、2と3について理由を考察し、その結論を述べていきます。

まず桁のたわみ量について書きます。
  
自重によるたわみ(cm)  
LK1 3.2  RK1  3.2
LT1 17.2 RT1 9.2
LT2 34.2 RT2 21.7
LT3 55.7 RT3 39.2
翼端 64.7 翼端 49.2


1倍荷重によるたわみ(cm)
LK1 5.2   RK1   5.2
LT1 41.2  RT1  33.2
LT2 103.2 RT2 92.2
LT3 182.7 RT3 170.2
翼端 223.7 翼端 210.2

本来ならば翼端で157cm程度のたわみのはずがここまで大きくなっています。
理由としては、ワイヤーの張力を求めるプログラムにミスがあった事、
荷重試験のやぐらと実際の機体の違いを考慮していなかった事が挙げられます。
これらのミスや寸法補正を行い、荷重試験と同様の条件で、設計の解析を行うと227cmというたわみになり、実際の測定に近い値となることが出来ました。

次に、左右でたわみが違うことですが、自重と1倍荷重時のたわみ結果をみると、どちらも左翼の方がよりたわんでいます。これから推察するに、以下の事が理由としてあげられると思います。

1・・セットフロア固定時に中心がずれていた。
2・・桁の性能に両翼で差があった。
3・・接合部で桁と桁にずれが生じていた。
4・・左右で重量が異なっていた。
5・・地面の高さが違った。

この内、1と5に関しては、大きな要因となってると思います。
このたわみの差の解決法として、TF時に正規の長さのワイヤーよりも5mm~1cm短いものを用意し、飛行時のたわみ具合を見つつ調整していきます。

最後に、もう一度みなさんに向けてですが、ご協力ありがとうございました。
おかげで事故なく行う事ができました。プログラムミス等のミスが色々あった中、それらが桁の作り直しになるような致命的なミスでなかった事が不幸中の幸いです。たくさんの人にご迷惑をかけてすいませんでした。

しかし、桁の安全性も確かめられ、いよいよ製作の方もどんどんと本格化してき、現役はより頑張って製作に励みますので、OBさん達にも色々お世話になると思いますが、宜しくお願い致します。
今回は写真がないのですが、また写真をつけてのせます。

Rei3

多分、私は3人目だと思うから
一文字変えるだけで意味が全く違う・・・
本物は「Rel3:水平尾翼の右側3番目のリブ」という意味でした。
何を隠そう今日は尾翼漬け。水平・垂直両方の桁の加工用印付けを終わらせ、型紙切りもやってまいりました。
これから餅をやいて食べます。醤油付けて食べます。
それではノシ

17:16 高梨

今年も頑張ります。

少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
先日、新年初の全体会議を行い、また本格的に活動が始まりました。
本年もよろしくおねがいします。

明日は荷重試験!頑張ります。

今年の抱負

明けましておめでとうございます。コクピ班1年の尾形です。
冬休み中はパイプをヤスる作業がありましたが基本的には暇な感じでした。あまり書くことはないのですが、鳥コン出場も決まったことだし、今年は昨年以上に貢献できるように努力していきたいと思います。これからはフレームの作業が忙しくなっていくと思うのでまずはそこをしっかりやろうと思います。では本年もよろしくお願いいたします。
プロフィール

北海道大学人力飛行機製作サークルNorthernWings

Author:北海道大学人力飛行機製作サークルNorthernWings
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム