重心試験・GTF報告

5月18日・25日に行われた陸上競技場でのテストフライト・およびテストフライト前日に行う重心試験について報告します。

5月18日は初のGTFでした。多くの一年生が参加してくれて運搬もスムーズに進み、組立もスムーズに進みました。
今回は、翼保持について工夫をして、矩形1とテーパー1の翼接合部に新たに台を入れています。
翼保持の基本はもちろん揚力が働かないようにする、というのはありますが、結局下から支えます。そのために翼保持者の負担を少しでも減らすようにとこの台を新たに作りました。(作ってくれた一年生ありがとう!)

また、この台はあくまで補助のため、保持者はついています。

P1060956.jpg
↑翼保持台

P1060977.jpg
↑剥離したコクピ桁

試験については転がし試験2本目にピシッという音とともに前コクピ桁が一部剥離しました。
転がし試験だけでも行うと判断し、3本目を行いましたが、再び音がして剥離が悪化、その時点でGTFは中止しました。

コクピ桁はその日のうちにヤスリがけを開始、日曜日には補修が終了しました。


次に重心試験についてです。重心試験はこの前の記事に書いたので内容は割愛し、写真のみで失礼します。

P1070003.jpg
テール2の接合中。(尾翼については同じ重さのおもりを吊るしています。)

P1070016.jpg
若干浮いた状態の機体。ロープについては耐荷重760kgの標識ロープを3重にして吊るしています。


次に5月25日に行った2回目のGTFについてです。
天気は雨の予報がちらついていましたが降水量が少ないこと、日程の都合などから実施しました。
なんとか雨が降らずに持ちこたえるかと思いましたが、ところどころで雨は降り、翼がびしょびしょに・・・

フィルムに雨が当たる音はトトロのバス停でのシーンを思い出しました笑
雨のせいなのか、風はほぼ無風の状態で試験を行うことが出来ました。

転がし試験ではグランドクルーがまだ機体を動かすのになれていないのか、機体はよろよろしていましたが、次第に上手になっていきます。転がしの確認がとれたので次に反り上がりについての確認に入りました。

転がし試験を行なって反り上がりがまったく起こらないため、翼の水滴を拭き取り、滑走試験を再開しました。
滑走試験はペラの回転数とグランドクルーの速度を段階的にあげていきました。
反り上がりについては滑走距離が短いため、完全に反り上がったわけではありませんが、最低限の確認はとれたと思います。

また、指揮についても翼紐の指示やそれに応えるグランドクルーと練習はできてきています。
今後は滝川に行き、実際の飛行へ向けて準備を行なっていく予定です。


P1070076.jpg
電装の取り付け

P1070080.jpg
翼保持台が入ってますね

P1070090.jpg
滑走するぜ

P1070121.jpg
反り上がり

スポンサーサイト

CFRP班のお仕事

最後にAR書き込んで久しいですね、もう5月下旬ですよ。 いつの間にか外は一面の新緑で、ロードに乗っていて気持ちがいいね。 CFRP班3年 藤井  2012/05/22
>1
現5班の中で1・2位を争う程忙しいとされるカーボン班の僕ですが、ほとんどの作業は春休み中に終了しているため、これといって目新しい作業はしていない今日この頃・・・・。 とは言っても、もちろん予備パーツの製作やTFの準備はちびちびと進めていますよ(´・ω・`)  最近は2ヶ月後に迫った鳥コンに備えての会計業務・トレーニングばかりしていたせいか? 40層だからか? 久々のやすりは思いの外進行が遅かったです。

《CFRP班 大写真展(笑)》
ということで、今回はこれまでにCFRP班が作った炭コレクションをお見せしましょうか。沢山ありますね。全てやするのはかなり大変でしたが、一通り完成した物を眺めると達成感がありましたd(ゝω・o)
3《テール捩れ防止プレート》テールが接合部で捩れてしまうのを防ぐためのプレートです。現在はテール1・2の先端に固定されており、四隅をボルトで締めます。
4 《迎角調整プレート》リアマウントに取り付けるプレートの穴の位置を少しずつ主ずらすことで、翼の迎角を変えることができます。 設計での迎角は4.6°ですが、今後のTFでの様子を見ながら4.5°~5.2°の範囲で変えることができます。
5《フライングワイヤーマウント》ワイヤーの着力点(コクピ側)になるカーボンプレートです。 これが先にも口にしていた40層のカーボンですね。 これが壊れた途端に翼が吹っ飛ぶ(゚Д゚|||) ので、十分な強度を持たせています。
6《メインマウント》主翼とコックピットを繋げる大事なパーツ。 圧かけで失敗し、作り直さなければならなくなった時の残念感もまた、CFRP班ならではのもの(笑) 積層から真空引き・焼きまで終始気が抜けないパーツでしたね。
7《接合部》分割された主翼を繋ぎあわせるためのパーツです。 写真は製作途中のもので、完成品には湿気による膨張防止のためのガラスクロスが巻かれています。 この製作時期は、CFRPの積層ではなく木工が続く日々を送りました。 年末の追い込み時に作ったため、僕にとってはこの頃が最も辛かったかもしれませんね(´-ω-`;)ゞ
2完成した物を並べてみた。 翼桁といいプレートといい、色々と作ってきましたよ、いずれも根気が要る作業でしたね本当に(-∀-。)ウン♪ 延長桁巻きといった新たな製作方法も成功させることができたため、まぁ充実したCFRP班生活が送れたと思います。 今後1年生がどの様に班分けされるのか楽しみですね♪

さて、これからはTFを繰り返す時期!! これまで製作してきた機体が上手く飛ぶよう、微調整と操縦練習を繰り返していきます。 本番でしっかりと安定した飛行ができるよう、今後も頑張っていこうと思うので、応援の程 宜しくお願いします|´・ω・`)ノ


 《おまけ》
突然ですが、
僕の好きなTV番組は「水曜どうでしょう」です。 どうでしょうファンなら「カントリーサインの旅」と聞いて、これが何か分かるはず!   ・・・・・行ってきました、勇士のOBさん達と(笑) 
内容は至ってシンプル! 抽選で出た市町村のカントリーサインを現地まで行って撮影する。 ただそれを繰り返すだけ!!
抽選結果は以下の通り。
スタート地点札幌⇒⇒長沼⇒⇒白老町⇒⇒増毛町(と出るもスルー)⇒
⇒(引き直した結果)森町…((((;゚Д゚))))))) イクノ??!

ところが、「森町まで来て函館まで行かないのは負けだろ(笑)」
との意見から、結果「24時間弾丸函館ドライブ」になってしまいました*´∀`)* 相当疲れました*´∀`)*
でも、函館朝市で食べた海鮮丼は実に美味しかったです!!(ドヤァ

鳥コンが無事終わったら、今度は皆そろってゆっくり北海道観光したいです(´・ω・`)
長沼町 007_20120522013212.jpg
・・・・・何の作文だ??    CFRP班3年 藤井  2012/05/22

模擬GTF

本日は模擬GTFを行いました。

ここ最近、G.Wは雨で、この週末は強風により、GTF の中止が相次ぎました。
現時点でGTFを行えていないのは非常にまずい状況だと考え、せめてGC(グランドクルー)の練習でもと思い、模擬GTFを行い、部員の動作や運営の練習としました。場所は陸上競技場で行ないました。


風が強いため、主翼、尾翼を接合せず、コクピット・テール2の接合のみを行いました。
荷物についてもなるべく持って行き、実際にどのくらいの荷物を運搬すればいいか確かめました。
まずは安全講習を行い、そのあとで人員配置を決め、移動を開始しました。

試験については
転がし試験
滑走試験
滑走試験(速度早め)

をそれぞれ行いました。スターターのチーム分けを行うことで、部員の負担を減らしています。

部員の動作確認は最初、人がどこに入ればいいのかや、保持のタイミングなど迷う点がありましたが、
OBさんのアドバイスのもと、修正をしていき、数回行った後は部員はスムーズに動けるようになったと思います。
(4年のTさんありがとうございました。)

結果としては、GTF のクルーの動きの確認としていい練習になったと思います。
コクピットとテールを動かすことで実際の雰囲気をGC全体がイメージできたかと思います。
(ワイヤーのイメージはつきづらかったです。)

GTF0.6回分くらいにはなったのかしら・・・・?

とりあえずGTFのイメージはとてもよくつかめたと思います。やっぱりり指示する側と指示される側ではイメージが全然違いました・・・まだまだ未熟です・・・。

GTF以外にも企画書にコメントをくださったOBのみなさん(7さん・Kさん)ありがとうございました。
隣で記録の子が本日の記録をデータ化してくれています。感謝

模擬GTFの写真はこんな感じです↓
P1060845.jpg

組立中↑

P1060874.jpg

カーボン冷たい・・・・↑

P1060870.jpg

試験中↑

P1060907.jpg

最後はローラー作戦↑


それではおやすみなさい。







テスト 

facebookとの連携

重心試験1回目+お食事会

本日は重心試験1回目および、新入生結成のご飯でした!

重心試験について
従来の方法から変えて、吊り下げ式を行いました。
仕組みとしては足場をふたつ組み、その間に棒を渡し、機体を吊るすというものです。
吊るした後、パイロットが機体に乗り、水平計を用いて水平になる位置に吊り下げ位置を合わせました。

反省点
引張りがどのくらい耐えられるか不明確だったため、紐が太く、吊るす部分の幅が広かった
比較的危険は少ない状況であったが、安全面が確実に確保されたものではなかった

今後は
万が一の機体の落下(実際に吊るした高さは10cmにも満たないものでしたが)に対応するようにする
引張応力を知ることで、より細い紐を用いた吊り下げ型重心試験を行うことで重心の正確な位置を特定する
などを目標にしています。

試験場所ですが室内で行い、尾翼については同じ重量のおもりを吊るすことでスペースを取らずに行うことができました。
写真については、今後TFをごとに重心試験を行う予定ですので、その時に再度あげようと思います。


結成ご飯について
新入生を交えてしゃぶしゃぶに行ってきました!
来て下さったM1の方(Tさん・Kさん)、自分たちとかぶることのない代に顔を出して下さいましてありがとうございます。

新入生は本日確定し、12名の新入部員となりました。今後、部員紹介のページにあげていく予定です。


GTFについて
5月12日深夜0時より開始予定です。
詳細につきましてはメーリスで流します。


新たな部員が入り、これからもがんばっていきます。応援よろしくお願いします。

組立試験報告

4月30日に組立試験を行いました。

朝8時に集合の後、一年生に指導を行った後、9時より組立試験を行いました。
試験は部室下にある駐車場にて行いました。

・全体指揮のGCへの指示がまだ慣れておらず、ちょっととまどったこと
・組立手順を企画書でまとめたものの、一部曖昧な部分があった
・人数が少ないため、部室での指揮系統にところどころ戸惑いがあった
・翼の接合部に製作誤差による干渉が見られた

と反省点はあったものの、組立自体は順調に行ったと思います。
同時にたわみ試験も行う予定でしたが、風が安定しなかったこと、リアスパーのつなぎ部分がまだ補強されていない
という理由から見送りました。

プロペラ、駆動については未完成のため、組立は主翼、尾翼のみの組立となりました。
組立については、前日に2・3年で部室内にて組立練習を行ったことが、組立を早くすることができた要因の一つではないか
と思っています。

試験自体は12時には終了し、手伝ってくれた一年生の歓迎も含め、ジンパを行いました。

今後の予定です。
5月4日 翼重心試験 16時~

5月5日 駆動・回転試験 12時~
      重心試験 15時~

5月6日 第1回GTF 0時~(予定)

今後とも応援よろしくお願いします。
プロフィール

Author:北海道大学人力飛行機製作サークルNorthernWings
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム