第2回滝川テストフライト

こんにちは空力設計の牛山です

ブログ更新遅くなりました先先週行ったテストフライトの報告をします

試験内容
転がし試験
空中姿勢試験
短距離試験
中距離試験

風向は南風1-2m/sほどでほぼ正対風といういい条件でおこなえました。

空中姿勢試験は多少滑走路がそれたところに着地させたりしましたが、問題なく行えました。

短距離試験では
1本目では指示が遅れて少し大きめに横滑りしてしまい、左右に動いてしまいましたが、2本目では離陸から着陸まではきれいに飛ばすことができました。

中距離試験では
飛行中に右翼側のプランクがはがれて浮いてしまっていたようでパイロットが出力を上げて飛んでいましたが飛行が安定しないで着地してしまいました。そのため、着地の際主翼のマウント付近から異音がしたとのことで解体の際に確認したところ主翼リアマウントが損傷していました。

先週今週と修復作業を行って次のテストフライトにのぞみます。
次のテストフライトが今の代のラストテストフライトとなるため、たきかわ飛行場の飛び切りができるよう挑みたいと思います。
スポンサーサイト

第1回滝川テストフライト

こんにちは、空力設計の牛山です。

先週まで諸事情により例年利用させて頂いていました、たきかわスカイパークさんが使えなかったため、美唄の農道空港を利用させて頂いていましたが、この度たきかわスカイパークさんの利用をできるようになったため、今週から滝川にてテストフライトを行いました。

滝川スカイパークさんは滑走路の左右に十分なグラスランウェイが有るため、多少風が吹いて流されても安全に着陸させることができるため安心してテストフライトを行えました。

今回行った試験内容は、
転がし試験
滑走試験
ジャンプ試験
空中姿勢試験
短距離試験
を行うことが出来ました。

ジャンプ試験、空中姿勢試験はまだ自分の指示出しが不慣れであるため練習という意味で本数を確実に行いました。
気象条件も良かったため、機体はすぐに浮き上がりましたが、浮く瞬間が翼の挙動から予測しづらく、浮いた後の減速の指示が多少遅れ、長く飛んでしまうことがありました。

今年は、荷重試験でたわみが計算値よりでたため、安全を見てワイヤーを少し短くしているため、たわみが少し小さくなっているため、横滑りが心配されました。
実際、ジャンプ試験試験や空中姿勢試験などで少し多めに浮いた時など少しロールするとかなり流されました。
また、短距離試験では2時方向の風により離陸直後から左にロールして垂直を右に切った状態でずっと左に流されました。動画を確認したところ、ずっと流されたあと草地で着地させる前にはどうにかロールが回復していることがわかりました。

今年の機体はロールしやすいということで、ウィングレットをつけるなどの対策は取りますが、注意して運用していこうと思います。

次回以降は長距離試験まで行う予定です。


↓短距離試験



第2回美唄テストフライト 

こんにちは、空力設計の牛山です
先日美唄で行ったテストフライトの報告をします。

組立時の問題点としては、尾翼が風により小刻みに揺れることが多々あったため、電池を取り換えたのち電装試験を行ったところ、水平尾翼を強く下に切るとテールと水平尾翼の接触しました。尾翼をそこまで強く切ることはなく、ほかに動きに問題がなかったことから試験続行としました。

予定としては飛行場が6時に開門するため、その前に胴体部と主翼とプロペラを組み立て電装試験を済ませておき、開門後に各部を組み立てて回転試験を行うという予定でしたが、
先ほどの問題により電装試験を開門前と開門後の2回行ったことと、開門後の機体の移動に予想よりもかなりの時間を要したこと、準備の手際が悪かったことにより、予定よりも遅れて試験が始まることとなりました。

また、風が強く風待ちに時間を要したため、転がし試験1回、滑走C試験(機体を浮かないギリギリで走らせる)2回しか行えませんでした。

滑走C試験の2回目で、向かい風2m/s弱で試験を行ったところ、本来浮かせない試験で浮いてしまい、風にあおられて大きく右に曲がって降りたという形になり、危うく大事故になるところでした。幸いけが人は1人も出ませんでした。

風の見方が甘かったのと、グランドクルーの動きの確認が不十分だったため、今後改善しようと思います。


プロフィール

北海道大学人力飛行機製作サークルNorthernWings

Author:北海道大学人力飛行機製作サークルNorthernWings
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム