治具完成!!

こんにちは。コクピ班の土谷です。中間テストが一通り終わり、外には雪がつもり、そして僕は1限に間に合いません…。バスが遅れるせいです。そう、バスのせいです。寝坊しているわけではありませんよ。

今週ついに治具が完成しました!
初めての設計から強度不足による再設計を経て、ついに治具が形になりました。完成した治具はこちら↓
_20161130_181130 (1)
横に支えをつけたことで揺れに強くなりました。とても頑丈です。この立派な治具で歪みのない機体を作っていきます。楽しみです。

それから今回、治具を制作するためにこれまでより多く部室に来たのですが、いつ部室に来ても翼班の方々が作業されていてほんと尊敬せざるを得ませんでした。自分も作業頑張ろうと思いました!ではまた!
スポンサーサイト

cadで僕はsad!

こんにちカーボン!
cfrpの渡井です。作業中でそんなにテンション上がらないけど無理やり上げていくよ!
やっほーーい!

現在ネジレ防止プレートのcadを書いているのですが、まだ操作に慣れていないせいで無駄に時間がかかってしまいます。
この前のデータ見当たらないし。
ま、どうせ全部やり直しなんですけどね。残念っっっっ!

………作業しよ。

荷重試験の兆しと班長の闇

こんばんは。翼班長強度設計の佐山です。

荷重試験までに完成しなければならないリブの枚数が残り30枚を切り、北大では初めての試みとなる室内荷重試験への兆しが代表の体育館事務突撃のおかげで見えはじめ、提出しては溜まっていくレポートとともに過ごしている今日このごろです。本当に人生で一番忙しいと思われる時期に差し掛かってまいりました。ベッドで寝るか( ^ω^ )リブを切るか(つД`)ノ荷重試験の準備をするか(ノ_<)レポートを書くか(´。・ωq)(pω・。`)しかしていない毎日にとてつもない虚無感とつらみを感じています。しかしつらみを乗り越えたその先に本当の自分♪(/・ω・)/ ♪が待っていると信じています。

やります。

荷重試験が終わったらまた来ます。
その時はきっとまともな文章に。

40ピンマイコンへの移行作業始めました。

こんばんは、電装班の瀧澤です。もう気温が二桁に届くこともなくなってしまいました・・・。これからは雪もたくさん降ってさらに大変になるんでしょうね。

最近、タイトルにもある通り40ピンマイコンを使い始めました。「ん?回転計とか完成したって言ったよね?」と思う方もいるかもしれませんが、これまでは28ピンの方で製作を進めてきました。しかし最終的に機体に乗せる予定なのは40ピンの方なので、これまで作ってきたプログラムを基に40ピン向けに新たにプログラムを作成している、ということです。初めから40ピンで製作をしてこなかったのは、先輩たちが用いていたのが28ピンのマイコンでしたし、そもそも40ピンを使うという構想がなかったからですね。

これまでの回転計や高度計の製作のように一から作り出すほどの大変さはありませんが、マイコンの仕様が大きく異なっているため(タイマのゲート機能がない、等)、それに合わせて書き直す部分が多くなりそうです。さらに、これまで別々に製作してきた回転計と高度計ですが、40ピンではそれらを一括して動作させたいと思っています(28ピン2個で動かしてきたものを、40ピン1個で動かす、ということです)。ここの調整が一番大変ですね・・・。

なんとか今年中には実用できるレベルまでもっていきたいと思います。
それでは、また今度。

バキュームフォームその2

こんばんは、ペラ班一年の太田です。

少し前までレーザーカッターがあれば楽だろうなあとか思っていたけれど最近またペラリブをやすり始めてやっぱりこの作業が一番楽しいことに気づきました。しかももう2枚完成させちゃいました。この調子で頑張りたいと思います。

さて、しばらく前にお話ししたバキュームフォームですが昨日3回目の実験をしました!2回目ではバキュームフォーマーが変形しないように丈夫に作り直したのですが使用した熱可塑性樹脂板の耐熱温度が高かったようで上手く型を取ることができませんでした。そこで今回はより熱で変形しやすいPET板を使用することに。しかし手応えは微妙・・・。いや、悪くないんだけども実際にスピナー製作に利用するにはまだまだ改良が必要だと感じました。また、進捗があったら報告したいと思います。

捨て板、復活!

こんにちは、コクピ班1年の平松です。最近は寒くて朝ベッドから起きるのがつらいですね。

さて、コクピ班では破損した捨て板を作成しました。CADで設計し、いざCNC!

捨て板1

機械は一夜中動き続け、見事完成。すごい働き者ですね。

捨て板3

完成品はこのようになりました。作り直すのは大変なので、みんなで丁寧に使いましょう。

治具の作成ができるようになったので、遅れを取り戻すためにも必死で働かなくてはいけません。それはいいのですが私の担当の部分が他の1年の二人に比べ明らかに多いです。捨て板作成をやらないで楽をしたので因果応報法ですが・・・。


勤労感謝♪

「こんにちは」と最近歩くことに楽しみを覚えてきた山田は言った。
タイトルにも書いたとおり、今日は待ちに待った勤労感謝の日。多くの場合、休みであることに喜びを感じていることだろう。しかし、この部室における空気は世間一般のそれとは大きく違った。ある者は紙を切り、ある者は木をやすり、又ある者は機械を動かしている。そう、我ら鳥人間は学業に専念しなくて良い今日この日、勤労できることに感謝をし、より一層自身の作業に励むのである。
「今日、作業ないのになあ。」山田は静かにつぶやく。それでも吸い寄せられるかのように部室に来てしまったことに山田は少々後悔した。
冷たい風が頬を撫でる。こうしてまた平和な一日が過ぎていく。

ようやく翼班員になれました。

こんばんは、翼班1年の美濃です。1ヶ月半ぶりにブログを書きます。


翼班に入ってだいたい半年が経ちました。この半年でいろいろな出来事がありましたが、

ようやく初リブが完成しました!!(((o(*゚▽゚*)o)))

それに加えてつい2日前にも、2枚目も完成しました。(どちらともハーフリブですが…)
どちらかと言うと、うれしさより一安心と疲れの方が勝っていたと思います。でも、うれしかったです。
まだまだ完成させるまでに、型紙やスタイロをたくさん消費しているので、今年中に1発で成功させて2年の先輩方をうならせたいです。(←当面の目標)

書くことなくなった…ので
ここ最近、先輩たちが持ってくる漫画に読み耽っています。ヤンジャンの「かぐや様は告らせたい」おもしろいですね~
次は、今日発見した「恋と嘘」を読みたいと思います!
それにしても、札幌は寒いです。みなさんも風邪には気をつけてください。
「翼班」1年の美濃でした。

傾斜計調整

こんばんは、電装班1年の秋葉です。今回はいい加減に電装の話からします。
最近は(といってもそこそこ前ですが)tksw君のブログのとおり傾斜計の試作をしておりました。
傾斜計は加速度センサーから値を読み取って表示させているのですが、そのままだと値がブレブレになってしまい、機体に積んだ時に正確な傾斜がわかりません。そこでローパスフィルタを実装して値をぶれにくくしました。だいぶ効果は出ましたので機体に積んだ際の細かい調整等は後程行う予定です。試作を通してローパスフィルタのすごさを実感することができました。

内容がスカスカですがまた進捗を生み出したら報告したいと思います。
それではまた。(Master フルコンは31曲 APは2曲です 適当に数えました)

スランプ脱出

こんばんは、ペラ班長兼パイロット大塚です。

今日はファイターズの優勝パレードがありました!


何としても選手が見たい!ということで1時間前に現地入りして選手を近くで見ようと挑みました。

1時間前に到着したこともあり良いポジションは確保できたのですがゴミのようにいた人々にもみくちゃにされてしまい写真はあんまり撮れませんでした…。

でも、

しっかり大谷選手見れました!\(^o^)/

パレードが終わり、ルンルンな気分で部室に戻りいつものようにペラリブをやすると、

1479652017635.jpg

はい、できました!

これぞ、ファイターズパワー。しばらくスランプだったのですが、今日は一発で決めてしまいました。

この調子でリブ量産したいと思います。



プチ模様替え

こんばんは。思ったより金属の見積もりが高くて過去の自分を責めてるコクピ班2年片桐です。それについては追ってまた…。

さて、cncさんが先日死んで生き返ったイベントがあったため色々厳しかったので定期飲み物購入について少し。
毎月ガラナを10ケースほど大量購入しているわけですが、今回は先々月のミニ鳥コン優勝、準優勝チームの希望に沿った飲み物を購入いたしました。すると。。。
名称未設定

ガラナ…っ!!減ってるよ。。。

ガラナ以外を買い始めてから何と無くガラナの市民権が薄なっている気がします。正直この取り組みが始まった当初の趣がなくなるのを個人的には危惧しています。(でも私はガラナそんなに好きjy…)

なぜこのタイトルかというとbeforeがなくて分かりにくいのですが今までリブ用のスライサーの陰にあった飲み物たちのために、ぐちゃぐちゃだったところを片付けてもう散らからないようにという意図も込めてジュースストックの場所にしました、ということです。(/・ω・)/

みんなどんどん買ってね。
文章がちぐはぐでかなり推敲してここまで来たのでもうやめます。おやしみ。

新カーボンクロス

こんにちは、最近作業時間がゲームプレイ時間よりも長いという噂のあるCFRP班の田畑です。
先日、注文していたカーボンクロスが届きました。

1479458666102.jpg

今まで使っていたカーボンクロスは120g/m^2でしたが今回届いたカーボンクロスは80g/m^2ということで、軽量化の一助となることでしょう。
強度が必要な部分かどうかで上手く種類を分けていこうと思います。


話題は変わりますが、今年の荷重試験は12月10、11日を予定しています。
今年は翼のスパンが長くなるということで試験方法が変わる(かもしれない)らしいです。
機体名といい荷重試験の方法といい今年はつくづく伝統を壊す新しい試みをする代だなと思います。

乗ってきた!!

先日やっと真の翼班になれました、翼班1年目の猪股です。

5日前に初リブを完成させてから4枚を完成させましたね。
これ以上のペースで完成させて2年目の存在を脅かすような活躍をぜひ見せたい。

試作で夏休みに一枚完成させてから全く完成せずここまで来ました。
夏休みは何があったのでしょう。始めてから1週間で完成しましたね。
魔法にでもかかってたとしか思えない。

そういえば最近プリンターさんがひどいんですよ。
印刷が全て点線になっています。プリンターまでいじめてくるとか許せない。
仲間だと思ってたのに。

頑張って脅威の完成率を叩き出し「翼班すげーもう終わった」と他班に言わせようと思います。

それではまた今度

VR班活動報告 その壱

こんにちは、作業してるふりに定評のある操舵・電装班長の大宮です。
(本ブログもまたそれを反映したものとなっております。)

さて、今回の話題は操舵でも電装でもございません。

皆さんは巷で話題のVR(バーチャルリアリティ)というものをご存知でしょうか……?
後で消す_VR2

上図(作:俺)のような視差を逆利用し、左右の目に別の映像を見せることでモノを立体的に見せる技術なんですが、
「これ自分で作れるんじゃない……?」
とふと思い立ったのが事の発端です。
そしてなんと来年1月にはテール桁巻きという一大つらいイベントがあるではありませんか!

新VR班長の勘が冴え渡ります。

「これで桁巻きを撮影すれば鳥人間のつらさ面白さが手に取るように伝わるに違いない!」
固くそう信じVR班を招集、活動を開始。
(*:VR班の過去の活動は
https://twitter.com/hu_tori/status/771000532701810688
のツイートを参考されたし。)

今回はその撮影手段を紹介します。
使用する機材はこちら。
VR4.jpg
ばばん。
何かというと我々NorthenWingsが鳥人間コンテスト2016に出場した際、プラットホーム(10mくらい! なまら高い)まで機体を持ち上げる際に筆者が使った補助棒(の一部)です。
滅茶苦茶重かったし二度と使いたくない
これの、
先端のスタイロ(青いとこ)に、
スマホを2台平行に貼り付けて、
VR5.jpg
こう。(画像は手前から翼班員I股、CFRP班員Y田。)
奥の積層係がカーボンシートを巻く様子を、手前の補助棒持ちがスマホのカメラを操作し撮影します。
この布陣なら勝てる……はず!
こっそり作った試作VRもございますが未熟な点もあり、改善次第公開していくかもですね

さて、次回のVR班活動報告(不定期)はVRデバイス作成について特集致します!
いかにVRが臨場感を保ちながら視聴者に届くかを決めるVR班の肝、
その製作に携わる匠の技を是非ご覧あれ……

それでは~~ヾ(・∀・)ノ

第2回試作


こんばんは、ペラ班長兼パイロット大塚です。

ペラ班では現在、1回目の試作をポリパテで表面処理しているのですが、これが個人作業なもので作業していない班員が暇なんですねー。

ということで2回目の試作を始めました。今回の試作は「新たな製作方法の実験」といったところです。

いろいろ試してみようとは思いますが、まずはリブの形から変えてみました。
今回の試作のリブのCADはこんな感じ
2017rib6.png

去年までのペラのリブのCADはこんな感じでした。
2016rib6.png

わかる人にはわかるであろうこの違い。


お気づきだろうか...(桁穴の大きさとか文字は関係ないですよ!)


ペラの前縁部の出っ張りがなくなっています。(この写真だと見にくかったかもです...)

これは去年までは充填剤を入れることで作っていた前縁ですが、今回は外皮を貼って作ることで充填剤をなくそう!という試みです。充填剤をなくすことでかなり軽くなると思うので楽しみです。

1479207965678.jpg

早速1年生がリブをやすってます。頑張れ!o(^▽^)o




治具が立った!

こんばんは。コクピ班長の永本です。
最近僕の学科が本気を出してきて困ってます(単位取れるかな…)。

さて、最近のコクピ班は(といっても主に活動していたのは2年生だけですが)治具を試作していました。
というのも、昨年は板状の治具を角材で挟んで自立させていたため、本当に垂直に立っているのかという点で正確さに欠けていたからです。
昨年はセンスありありの班長が作っていたので良かったかもしれません。しかし、今年の班長はセンスの欠片もないですし、何より角材が歪み、断面が明らかに平行四辺形型になるといういじめを受けたため対策を打つことにしました。

↓作戦はこうだ!
IMG_5841.jpg

①治具に出っ張りをつける。
②板に、出っ張り部分よりやや小さめの穴を作る。
③穴に治具をはめ込む
⇒ク○ラ(治具)が立ったぁ!

こうすることにより、
・常磐に触れる面積がより増え、安定する。
・穴はCNCで掘るから垂直な穴が掘れる=治具が垂直にはまる=治具が垂直に立つ
というわけですよ。

ここで大事なのが、穴をキツめに(小さめに)作って、はめる治具の遊びを少なくすることです。
というわけで、どのくらい穴を小さくすればいいのかという疑問がでたのと、何より初の試みということで試作を行うことにしました。

IMG_5838.jpg

はい、いっちょあがりぃ!
はたしてはまるのか…

IMG_5840.jpg

ススス…

IMG_5839.jpg

ピタァァァア!

ピッタリはまりました。
こんな単純な形ですが、試作中にいくつか制作上の問題が発生し、そのたびに試行錯誤し、改良した結果、画像のような最終形態に行き着きました。試作って大事ですね。
とりあえず組み木部分(はまるところ)は大丈夫そうです。

となると、あとは実物(全体)をとりあえず一つ作ってみて様子を見なくては…

FullSizeRender.jpg

え…おま、ちょ…

IMG_5850.jpg

もう作っちゃったのぉ!?

というわけで、作りました。割りと安定していていい感じでした。何より曲尺で調べたところ、しっかり垂直でした!

こうなればあとは量産するのみ。というわけで、1年生に仕事を分担し、今週の木曜までに作るよう伝えました。

これなら空力設計者の尾翼設計が完了し次第、フレーム作りに移れそうです。はよ設計しろや

久々にうまく事が進んでホッとしました。この流れに乗って遅れを取り戻していければなと思います。
久々に仕事をしたのでそろそろ僕は一ヶ月ほど休憩させていただきます。
それでは

桁巻きのない週末

こんにちは、CFRP班の井村です。

去る11月5日、T4桁の桁巻きが終了し、主桁がすべて完成しました!
これで来年の1月まで桁巻きはお休みです。
後期が始まってからは毎週土曜は桁巻きの日だったのですが、主桁ができたおかげで僕は久しぶりに作業のない土曜を過ごしています。
特に今週はCFRP班の作業も少なく、週6で作業があった頃が嘘みたいです。
ただ、もうすぐ荷重試験への準備とかも本格化し作業も増えていくので、多分今は嵐の前の静けさ的なアレなんでしょうね。
今はゆっくり休んで鋭気を養い、来週からの作業も頑張っていきます!

それではまた!さよなカーボン!

リブ切り

はじめまして。翼班1年目の根建です。
今更初のブログ更新でございます。
あまり文章を書くのが得意ではないので、拙い文章ですが読んでいただければこれ幸いに存じます☚(꒪ټ꒪☚)

最近さぼり気味で、あまり部室に行けない日が続いてしまいました。ずっとT1オールのリブを切っては失敗してを繰り返していたのですが、進まなすぎたので今はT2ハーフを切っています。リブを切る、チェック、ボツ。切る、チェック、ボツ。切る、チェック、ボツ…
スタイロは大好きですが、電熱線は嫌いになりそうな毎日です。

精進いたします。頑張らねば。

高度計、傾斜計試作

 こんばんは、電装班一年の瀧澤です。寒いです。鼻の調子がおかしいです。

 最近の電装班の進捗ですが、計器チームが高度計と傾斜計の試作を大方完成させました。傾斜計に関しては、音ゲーマーの秋葉くんが一日二日ぐらいでちゃちゃっと作ってしまいました。流石ですね。高度計は僕が担当したのですが、値のブレが気になるので修正したいと思っています。今のところはいくつか取得した値の中央値を表示させようかと考えています。操舵の方の進捗はいまいち分かりませんが、担当のO宮くんが鬼神の如き働きぶりで明後日くらいには完成させていることでしょう。
 今後は、別々に動作させてきた計器類をまとめる作業が中心になるかと思います。別々では正常に動作していた計器も、同時に動かしてさらにログを取るとなると不具合が発生する可能性もあります。調整が大変になるとは思いますが頑張りたいです。

 電装に関してはもう話すことがないので、(僕が勝手に実践している)凍った道の歩き方を紹介します。僕が主に意識しているのは以下の3つです。
 ・出来る限り足の裏をつけて、すり足気味に歩く
 ・小さな歩幅で歩く
 ・斜めになっているところを避けて、出来る限り水平な部分を通る
いずれも垂直抗力を増して、大きな摩擦力を得るための努力です(本当に正しいかは知りません)。また、掴まれるところがあれば掴まって歩くようにしています。転びにくくなりますし、転んでも派手な転倒は避けられます。
 いろいろ書きましたが、あくまで滑りにくい歩き方であって滑るときは滑ります。最後は運なので祈って歩くしかないです。参考程度にどうぞって感じです。

それではまた。

バキュームフォーム

こんにちは。プロペラ班1年の青木です。

札幌では先日も雪が降りました。関東出身の私からしたら、すでに本格的な冬が到来している気がするんですが…これ以上寒くなるのが想像できません。道民の方、おすすめの防寒具を教えてください、お願いします。

さて、先日ペラ班の1年生でバキュームフォームの試験を行いました。使用している網の強度が不足していて、バキュームと同時に網も吸い込まれるように変形してしまい、うまく型をとることができませんでした。ですが、しっかりとバキュームされていることは確認できたので、あとは網の部分を改良すれば上手くいくんじゃないかなと思います。また、熱可塑性樹脂は一旦型を取っても再び過熱すれば元の平らな状態に戻るんですよね。当たり前のことですが、内心感動していました。

次の試験の時には成功の報告ができるように、改良を重ねようと思います。

それでは、この辺で。

初めての治具設計

こんにちは。はじめましてコクピ班1年の土谷です。

今日は個人的に初めて、実際に使う治具をCADで設計しました。この治具は桁を組み立てる際に機体を支えるために使います。
まだまだCADの扱いに苦戦してて予想以上に時間がかかりましたが、永本さんのおかげでちゃんと設計できました!

治具設計


来週からノルマ制になるようなので、やる気出してバシバシ作業していこうと思います!


治具の設計よりブログを書くほうが大変だった。。。

ワークショップに行ってきました!

こんにちは。コクピ班2年の片桐です。ついに札幌も本格的に雪が降りはじめました。でもまだ寒くないです。

IMG_5805.jpg

軸受とスプロケットの加工準備中です。

とりあえず現物のcadはかきだし一段落(おそらく)。
OBさん方にも相談に乗ってもらいました(´ω`人)

IMG_5804.jpg

IMG_5803.jpg


そこで、どんな材料を使ったらいいのか、どのように設計図をかいたらいいのかなどを聞くため工学部のワークショップに事前相談に行きました。not工学部な私としては作業場に入るところからどきどきでしたね。。。

(ガチャ・・・)「失礼します・・・」

(シーン)

「すみません・・・こちらワークショップでよろしいでしょうか・・(((;´・ω・`))」

(ガガガ(機械音))

「(メールも入れたから大丈夫なはず・・・)すみませーん、ごめんください。。((((;´・ω・`)))」

(以下略)

こんな感じで皆さん工作作業に集中してらしたので気づかれるまで謎の緊張感を味わいましたが、機械系初心者の私にも分かりやすくとても親切に相談に乗ってくださいました。ありがとうございます。これから1ヶ月は通うことになりそうです。
やはり大事なところは肉抜けないよねということで削れる範囲は限られてきそうです。そこが固まったらまた月曜日に行ってきます。

最後の切り出し

はじめまして、CFRP班1年今成です。
近頃定期的に左肩がしびれます・・・

本日、最後の桁巻きの切り出しが終わりました!
作業も1時間早く終わってハッピー

桁巻きが終わると接合部がCFRP班の主な作業になりますが、何時間もヤスリがけをするのが辛いですね。
同じ体勢で腕を動かし続けるだけだと心も体も擦り切れます。
あれ、もしかしてしびれの原因って・・・

それではまた!

接合部

Здравствуйте!
翼班のやんべです。

今週はついに接合部の制作を開始しました。
今はT3.T2の接合部を制作しています。
作業の流れとしては、カーボン班が接合部をやすってきれいな円柱を作り、それを翼班が接合してはまり具合を確認するといった感じです。
現状、T3がまっすぐ制作できず設計されていない初期上半がついてしまったのでそれの修正と、T2がキツキツなのでそれをヤスリまくってもらっています。カーボン班 давай!!(頑張って)

以上、接合部作りをした楽しい祝日の報告でした。

Inter-Integrated Circuit

こんばんは電装班1年の秋葉です。 最近チュウニは消失とか優曇華院の16分トリルがちょっと上手になったくらいで特に進展がないです…
それより重大な(?)ニュースとしてはついにあのスマホアプリ「デレステ」を始めてしまいました! Master全フルコンボ目指してやっていきたいと思います。(キャラも曲も知らなかったけれどかなり楽しめているのでおすすめです)

さて電装ですが、最近進捗が素晴らしい限りです。 僕はロガーに使うためのI2C通信(通称アイーツーシー)の開発をしていたのですが今日picからArduinoへ一回の要求に対して何バイトでもデータを送れるようになりました!(割と無理矢理な方法ですが) あと参考までにブログのタイトルをI2Cの正式名称にしておきました (思いつかなかっただけ
次は秋月から加速度センサが届く予定なので傾斜計の制作へと取りかかっていきたいと思います。
それではこのへんで!

スピナー試作実験中

こんにちは、プロペラ班1年の佐藤です。

今プロペラ班では試作ペラを制作しています。長かった表面処理も終わりが近づき、ついにあとはサーフェーサーを塗装するだけというところまで来ました。これでやするたびに全身粉まみれになる日々ともおさらばできそうです笑

ペラは今こんな感じです↓
ペラ2

ところで、試作ペラ制作も終わりが見えてきたということで1年生のプロペラ班員はスピナーの試作に取り掛かっています。
去年までスピナーはトイレットペーパーにエポキシを染み込ませたものを積層して制作していたのですが、ある程度フィーリングでやすっていたのでプロペラの回転軸に対して非対称になってしまっていました。

そこで、今年度からスピナーの成形にバキュームフォームを利用したいと考えています。

・バキュームフォームとは
 Wikipedia先生によると…

 「バキュームフォーム(英語:vacuum forming)は、薄い熱可塑性樹脂の板を熱して軟化させ、木などで出来た元型に密着させて成型する手法である。」

だそうです。正直わかりにくいですよね笑
なので詳しく知りたい方は参考までにこちらの動画を御覧ください。↓

音量注意!!



(動画はクリエイティブコモンズライセンス表示のあるものをリンクさせていただきました。)

こんな感じでスピナーを作れたらいいなぁと思っています。
この方法を使えば一度正確にスピナーの型を作れば、いくらでも正確なスピナーが短時間で量産できるようになります。
ただ、まだ本当にスピナー制作に使えるのかわからないので試作を作って実験中です。うまくいくといいのですが‥
それではまた!До свидания(さようなら!)
プロフィール

北海道大学人力飛行機製作サークルNorthernWings

Author:北海道大学人力飛行機製作サークルNorthernWings
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム