炉の製作

初めまして。一年生のBibleと申します。以後お見知りおきを。
さて、本日は朝起きると、北海道ではめずらしいはずの雨でした(最近はずっと雨のような気もいたしますが)。
その影響で、兼部しているテニスサークルの方の活動が中止になったものですから、ゆっくりとベッドの中でレポートを書き、部室に向かいました。
この時、まだ私は部室で待ち受ける炉の製作と言うものが、どれ程恐ろしい作業なのか、知る由も無かったのでございます。
学校に着いた私は、カップヌードル(シーフード)を50℃のお湯で食べると言う屈辱的な食事を済まし、炉の製作に取り掛かりました。
しかし、そこにはパーツ数100は超えるのではないかと思える木材の山、山、山。
最初は木材の切り出しから始まった私の作業でございますが、それを終えた後に待ち受ける作業の量を想像すると、めまいさえ覚えたのでございます。
組立作業を開始してまもなく、私達はある事に気づいてしまったのでございます。
切り出しの寸法が間違っている。
私は切り出しの現場に立ち会ったわけではないのですが、ホームセンターで木材を購入し、そのままカットしていただいたという事だそうです(1カット50円)。
そこには、あまりにも高い精度が求められる場合はお断りしています、という文言が書いてあったそうです。
しかし、誤差約50%に登るものもございました。
私達は、某ホームセンターに対する愚痴をもらしながらも作業を続け、先ほど、7時40分頃に作業が一時休憩となりました。
様々な苦難を抱えつつ、1時からはじめた作業でございますが、まだ終わりは見えてきません。
どうか、当サークル所属の方は作業の手伝いを、学外の方はささやかな応援をお願いいたします。
これから、2時までも作業がございますが、持ち前のハイテンションでどうにか乗り切ろうと言う所存です。
それでは、また書き込む日まで。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

北海道大学人力飛行機製作サークルNorthernWings

Author:北海道大学人力飛行機製作サークルNorthernWings
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム