第5回試験飛行報告(5/12第3回滝川TF)

最後に先週12日にたきかわスカイパークで行った第5回です。

今回の目標は、縦の静安定性を仕上げること、ラダーの効きの確認、100~200mの短~中距離試験によるパイロットの操縦練習に設定しました。
そのため、今回はラダーの舵角を7→10degに変更して試験に臨みました。

今回は組み立て中にプロペラの拘束が緩んだり、新調したフライングワイヤの長さが設計よりも短かったり(おそらく切断する際のミス)しましたが、プロペラは拘束を締めなおし、フライングワイヤは予備の長めのものを使用することで、予定通り休憩をとった後夜明けとともに試験を開始しました。

今回も風が2~2.5m/sと少し強い上に、10~11時の方向であったため風待ちが多くなりました。
最初の滑走~ジャンプ試験において、フライングワイヤが予定よりも長いものを使用している影響で上反量が過大となってしまい、横風の影響を大きく受けて機体がロールしてしまいました。
そのためフライングワイヤの長さを2cm短くすることで(これにより理論値では翼端における上反量が15cm程度小さくなる)上反量を抑えました。
その結果、続くジャンプ試験ではやはり横風の影響を多少受けるものの、かなり小さくなりました。
その後のジャンプ試験の中で、エレベーターのニュートラル調整を行い縦の静安定性をほぼ確保することができたため、距離を伸ばしていきました。

短距離試験を計7本行う中で初めてラダーの効きが確認され、滑走路の中心をまっすぐ飛ぶことを目標にひたすら操縦訓練を行いました。
まだまだ思い通りにはいきませんが、ある程度機体を振りたい方向へと振れていたのではないかと思います。
動画をご覧になるとわかるかと思いますが、かなりピッチアップ気味での飛行となっていたので迎角を上げるかどうか悩みましたが、終了時刻も迫っていたのでセッティングはそのままで200mフライト(中距離試験)を目指すことに。
ピッチアップ気味であることに変わりはありませんが、目標通り200m超のフライトを行うことができました。
操縦技術はまだまだですが、パイロット自信もある程度の自信になったのではないかと思います。

機体側方カメラ1/2(滑走~短距離試験3本目)


機体後方カメラ(滑走~短距離試験3本目)




機体側方カメラ2/2(短距離試験4本目~中距離試験1本目)


機体後方カメラ2/2(短距離試験4本目~中距離試験1本目)


次回は今週末19,20日の天候が良好な日に行います。
次回は迎角を上げて試験に臨み、飛行姿勢を安定させた後、短~中距離試験を重ねてパイロットの操縦練習を行うことを予定しています。

たきかわスカイパーク様、OBさん、毎回の試験飛行にはお付き合いいただき本当にありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

北海道大学人力飛行機製作サークルNorthernWings

Author:北海道大学人力飛行機製作サークルNorthernWings
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム