ウイングレットのお話 NO1

どーも。
空力設計です。
次の日が全休だと目がさえます!こういうときはちょっと考えることやります。

今日はウイングレットのお話…

これはすごい難しい話です。
他大学さんもしっかり解析できているところはほとんどないのではないでしょうか?
ウイングレットの重量に対して翼端渦の除去がどこまで効率に影響するかはその大学の裁量次第なのかなと思います。


見た目がカッコイイ!


気がするので、効率よくつけるためにめにも今年から実験やろうかなと…
とはいっても僕は下準備です。後輩には引き継げるように準備はするつもりです。

まずは「ある」「なし」の違いから判断しないといけないです。
これはTFやればおおかた見分けがつくと思います。
流れの可視化の方法は…雪が融けるまでには考えますね!

それから自分がどんな形状のものを作ったかを残すこと。
これは主要な点を三次元的に座標で表せばいいかな…
曲線もうまいことできるはずです。

でもって、試しに垂直尾翼の翼端加工について考えましたが…
なんかぼてーっとしたものしかできない。
曲線をうまく使えるようになりたいです!!



にしてもAM4時まわるとさすがに眠いですZZzzz…


。。。来年は琵琶湖で飛ぶといいな~


したっけ~
スポンサーサイト

comment

Secret

ウィングレット

ウイングレットは方程式でチョロっと計算して設計できないらしいからねぇ。自分が交流会で聞いた話ですはどこの大学も、見た目だけで適当に設計しているって言ってたし。

本格的に設計するとなると、複数のパターンで実際に作ってみて、風洞実験してみて、その結果からシミュレーションするしかないだろうなぁ。風洞実験してみたいなら、設備がある研究室に相談してみるといいよ。自分たちで実験プランが立てられるようなら、貸してもらえると思うから。
プロフィール

北海道大学人力飛行機製作サークルNorthernWings

Author:北海道大学人力飛行機製作サークルNorthernWings
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム