最終テストフライト報告

テストフライトの報告も最後になりました。

7月14日~16日にかけて行った2日行程の2012年度最終テストフライトについて報告します。

初めての2日間行程とあり、体力的に非常にきつかったですが、それを除けばとても収穫がありました。

今回は鳥人間コンテストが近いこと、そして前回のテストフライトで機体がクラッシュしたため、
鳥人間コンテストを想定した人員の動きの確認、そして修復後の機体の様子の確認を目的としました。


今回も運送業者の方に依頼し、積込みはいつもどおり終わり、滝川に向けて出発しました。

積み下ろしについては、実際に鳥人間コンテストで想定される動きを再現するために、まずはテントを出して、
機体テントの中に搬入してからの組立を行いました。

テントの梁にギリギリぶつからないように計測は事前に行なっていましたが、小さな部品が梁から飛び出していたのを見落としていたため、その部分と翼が干渉し、少しだけ破損しました。

テント収容後、組立を開始しましたが、機体はかなり早く組立ちました。

ところが霧がすごく、翼がびしょびしょに・・・・・

霧の中の作業は幻想的でしたが、やはり迷惑ですね・・・。

日の出を待ち、テスト開始です。機体の移動についても、滑走路にコーンを置き、鳥人間コンテスト本番を想定した動き方を練習しつつ、機体を移動しました。当日の動きを想定できてよかったと思います。


そしてテスト開始。動画はこちら↓


機体が前回、急浮上したことがあったため、重心位置を少し後ろにしたせいか、後輪がずっと浮く状態になりました。そこでまずは尾翼による安定性の確保、そしてそれでもだめなことがわかったため、重心位置を前にずらしました。
重心位置をずらした後もまだ、重心位置が後ろすぎたこと、そして、浮上後もやはりパイロットもすこし牽制気味な操作のため、一日目は安定した飛行ができませんでした。

テスト終了後、滑走路のゴミ拾いを行った後、機体をテントに戻し、休憩としました。
半分を機体の監視、半分を温泉施設での休憩にして、交代性で機体の監視を行いました。
昼になるとほかほか陽気でとても気持ちがよかったのでしょう。しかし徹夜明けで体力も尽き、さらに風が強く、かなり機体の監視には気を使いました。一昨年行った身としては実際の鳥人間コンテストでここまで風が強かった印象はなかったのですが、いずれにせよ、風が強い時どうすればいいのかの反省がよくわかかる結果となりました。

温泉施設は休憩室を貸してもらい、そこで休ませてもらいました。
仮眠を取った後、食事を取り、滑走路へと戻ります。
機体を早く組み立てても意味がないため、1時まで車や芝生で部員全員で仮眠を取った後、再び機体を組立て、テストを行いました。

一日目の反省から、重心位置を前にずらし、プロペラ推力も迎角を変え、二日目の試験を行いました。
微風ではありましたが、風が横から吹いていたため機体は流され、スタートに苦労しました。
部員の体力がかなり消耗している中タイムリミットが近づいていたため、かなり焦りましたが、
後2本だけやらせて欲しい、後2本で終わりにする、と決め、短距離試験に望みました。

短距離試験は無事成功し、2本とも距離にして約120mの定常飛行を行うことができました。
動画ではひとつはカメラエラーのため、記録が後方カメラしか映像が残っていません。また、もうひとつは機体がカメラマンのほうへ接近したため、カメラマンの退避により、まともな動画が残っていません。
がしかし、部員のココロにはしっかりと定常飛行が刻まれました。



これで無事、安心して鳥人間コンテストに出場することができると思いました。

今回のテストフライトを以って、鳥人間コンテスト以外の活動は終了です。
(まだまだ鳥人間コンテストの準備は残っていますが)


一重に、応援してくださったOBさん、滝川スカイパークをはじめ関係者の皆さま、そして関係ないけど僕らのチームを応援してくださっているみなさまのおかげでここまでやってくることができたと思っております。

また、今回のテストフライトではOBの鈴木さんに大変お世話になりました。

みなさま本当にありがとうございます。

どうぞ後一週間、2012年度Northern Wingsの応援、そして来年度以降のNorthern Wingsを
どうぞよろしくお願いします。






スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

北海道大学人力飛行機製作サークルNorthernWings

Author:北海道大学人力飛行機製作サークルNorthernWings
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム