コクピ班の苦悩

 あれはうだるように暑い日だった。時刻は午前10時。他の部員達が蟻のように足場を組み立てている中、私は瀧澤とともにコックピットを運んでいた。重心試験。それはある種の戦いだ。コックピットの重みがズシリと伝わってくる。コックピットはこれから足場の上にあるレイゾンに結び付けなければならない。今からこれを持ち上げなければならないと思うと憂鬱だ。足場の上から声がかかる。さあ、勝負のときだ。瀧澤と息を合わせてコックピットを持ち上げた。あと私ができることは、足場の上の仲間たちが去年の知識を総動員し、レイゾンに固定していくのをただ見ていることだけだった。
 重心試験が始まった。コックピットが揺れないよう、緊張で震えている手をそっと離す。コックピットはゆっくりと回転を始めた。大変だ。私は急いで保持に入る。幾度もの調整を行い、重心が確定した。これで終わりだと喜ぶ反面、この時が来てしまったという思いが押し寄せる。先日瀧澤に頼まれていたモックアップの材料を買いにかなければならないのだ。私は運転を頼まれている。免許を取ってからの日が浅い私には荷の重い仕事である。
 ホームセンターに到着した。私たちは材料の木を見つけた。あとは運ぶだけだ。そう思い、サービスセンターにトラックを借りに行った。しかし、買ったものが少なすぎたためか、貸してもらえなかった。ここから大学まで2キロほどある。外の気温は33度。快晴である。この中を歩いていくのは正気の沙汰ではない。私たちは再度頼んでみたが、現実は無情だった。仕方なく私たちは大学へと歩みを進めた。
 ジリジリと照りつける太陽がゆっくりと、しかし着実に体力を奪っていく。2m近い木材を持っている私達にはコンビニで休憩するということもできない。熱せられた生ぬるい風が頬を撫でる。あと少し、大学は見えている。そう思えば思うほど大学は余計に遠くに感じる。水がほしい。ポツリポツリと立っている街路樹のつくる木陰が、我々の唯一の救いだった。
 ついた。我々はあの地獄からついに生還を果たしたのだった。とりあえず水がほしいと思い、駆け足で購買に向かった。だが、我々にはさらなる試練が待ち構えていた。購買の冷蔵庫が故障した。飲み物は冷えてない。ホットならしっかりと温めてある。張り紙にはそう書かれていた。我々は絶望した。こうして我々はトボトボと水飲み場に向かっていった。

文責 山田

書類提出~やれやれだぜ

こんにちは、コクピ班長の永本です。
え?君のブログはもう見飽きたって?まあまあ、コクピ班は二人しかいないし、もう一人は今いないので我慢してください。

さて、最近僕はコクピの仕事よりも鳥コンの書類仕事に力を注いで働いていたので、今日は書類のことメインでブログ書きます。
これまでの書類の仕事を振り返ってみると

みんなからアイデアを出してもらう
→アイデアを文章で書いてみる
→アイデアを絞る
→書類の原案を書く
→書類の修正✕3
→清書前チェック
→清書
→最終チェック

といった流れでした。本当に大変でした…
部下として一緒に頑張ってくれた1年生のT氏には本当に感謝しています。今度何か奢ろうかな(500円以内)
修正と清書にはやはり時間がかかりました。後で苦労しないためにも1ヶ月前には書類作業を始めることをおすすめします。

ともかく、そんなこともあり…
書類提出

本日、書類提出しました!

やっとこさ…やっとこさ仕事が一つ片付いたぜ
※書類は窓口で提出しました。

ということで、明日からは久々にコクピの作業にもどれそうです。
早いとこ発泡を注文して、その間に駆動部を完成させなきゃ…やれやれだぜ

それではまた

フェアリング設計しています。

こんにちは、コクピ班長の永本です。

現在コクピ班では班員にBBマウントを作成させつつ、班長の僕はフェアリングの設計をしています。
もちろん、空力設計や電装班、パイロット等とも話しながら決めてます。

フェアリング

今のところ上図のようになりそうです(パイロットの描き方が変な点は目を瞑ってください・・・)
注意した点は主に3つあります。
まず、電装やテンショナー設置のため前パイプに斜めパイプとの接合部から250mm以上のスペースを作ったこと。
次に、下面や上面に翼型の曲線を用いることで風を滑らかに流し、表面から剥離しない且つ前方投射面積と側方面積がなるべく小さくなる位置で後ろ側が切れていること。(上面の後ろ側は-13度の角度をつけているのですが、この角度は車のトランク等にも応用されている角度らしく、抗力が小さくなるらしいです。)
最後に、パイロットの各点から50mm以上フェアリングが離れていること。
以上の三点に気をつけて設計しました。

あとは、パイロットをちゃんと書き直し、Solid Worksで流体解析(これは時間があれば)してもう一度空力設計らとチェックしたら決定(だと思いたい・・・)

ちなみに余談ですが、コクピ班長は最近コクピの仕事以外に鳥コン書類の管理、交流会資料の作成、バイトなどもしていてなかなかにハードです。マジキチ・・・

でもここまで来たらやるしかないですよね。というわけで明日からも頑張ります。
バイトに遅れそうなので今回はこのあたりで失礼します。

シャフト完成間近!

こんばんは。コクピット班2年の片桐です。
農学部なのに物理で痛い目見る羽目になりました。高校の時の物理のテスト結果を見た時のショックが完全にカムバック状態です。

さて、ワークショップに加工をお願いしていた軸受けとスプロケットができました!

部室で完成品の箱を見た時はもう完全にサンタからのプレゼントを見つけたみたいな気持ちになりました。

とっても綺麗!!!感動しました。
unnamed-2.jpg

スプロケットは円形だった肉抜きを扇型にしました。径は変わらないのですが小さく感じられます。
重さも計算していた重さとあまり誤差ありませんでした。(むしろ少し軽かった)
ワークショップの方には製作相談の過程でかなり手取り足とり親切にご指導いただきました。本当にありがとうございました‥。

軸受けスプロケットが来たことと、一年生によるヤスリのおかげででシャフトも仕上げに入ることができました。
IMG_6437.jpg


スプロケ部分の穴をビビって小さく開けてしまったので広げるのに時間がかかりましたが明日この時間にエポキシが乾いているかを確認して完成の予定です。
正直ドキドキです。

明日も早いので、おやすみなさい。

フレーム合宿

こんにちは。コクピット班2年の片桐です。
昨日は唐揚げ食べ放題マッチを仕掛けたにもかかわらず惨敗しました。いけるとおもったのに。。唐揚げ11コ食べました。いつも10コちょいで終わってしまいます( ´_`)だれかコツを教えてください。

さてコクピ班はフレーム完成にむけて全速前進中です。毎日夜には圧かけ作業をしています。
フレーム組み立てで大事な作業のひとつは真空引きです。obさんからあまりに真空引きが下手なためレクチャーを受けました。すると
IMG_6263.jpg

IMG_6264.jpg

全然空気抜けます。まだポンプも頑張れそうです。
途中で空気を入れるのがコツかと思いました。そのことでシワをのばし、また空気を抜くことでより隅々まで空k時が抜けるのではないでしょうか。フィルムを従来のものに戻したのも影響してそうです。

また、シャフトも製作開始しました。
今年は去年より200mm弱短くなります。これから穴を良い大きさ・位置になるようにヤスリます。ドキドキです。
IMG_6266.jpg

unnamed_20170114131427d94.jpg

そういえば今日はセンター試験ですね。普通に部室にこれたのでセンター試験で仕事のある人に普通にショートメールを送ってしまいました。センターの試験監督は過酷らしいのでしまったΣ(゚д゚|||)と思いましたがもう仕方ありません。待機です…。
プロフィール

北海道大学人力飛行機製作サークルNorthernWings

Author:北海道大学人力飛行機製作サークルNorthernWings
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム