レ・ミゼラブル

※今回は若干宗教的な内容が含まれております。注意してください。

ああ、荷重試験よ
なぜこうも我々をじらすのか
これが終わらなければ次の段階に進めないというのに

ああ、荷重試験よ
なぜこうも天候に恵まれないのか
我々は次にできる時を今か今かと待ち焦がれているのに
この焦がれる思いをもって、昨日V字カーボンを焼いてしまったではないか

ああ、主よ
なぜ我々にあまたの試練を与えなさるのか
この度重なる荷重試験の準備により、強度設計のSさんと次期強度設計のWが疲弊しているではないか
もともとそうであるWはともかく、SさんがドMに目覚めたら困るではないか

ああ、天よ
なぜ我々を味方しないのか
確かに我々の信仰心は薄れつつあるが
幾度もの雪と強風をもって、我々に存在を知らしめようとしているのか

ああ、主よ、神よ
我々の荷重試験はいつ行えるのだろうか

ああ、無情(レ・ミゼラブル)

筆者 山田
 ※筆者はどちらかと言えば、仏教、神道を信仰しています

こんにちは、翼班のヤンベです。

今日は翼の後縁につけるカーボン、通称後縁プレートを次期翼班長と共に制作しました。
まずプレートを焼き、CNCで切削し、端面加工をするとできあがりです!
4W6AaKHv.jpg
この小さいのが後縁プレートです。
翼の側面につけることで後縁のそりを防いでくれます。
今年は制作限界ギリギリまで長いものを作ったので去年より効果があることを期待します。
ではまた。

チップ抵抗のはんだ付け練習しました

こんばんは!1年の瀧澤です。1年生といってももうすぐ2年生になりますね。1年間で学んだ素晴らしい教養を身にまとうことで無双できます。

ついさっきのことですが、先日作成した半田付け練習基板にチップ抵抗をはんだ付けしました。
ランドに少しだけはんだを乗せて、抵抗を置き、乗せてあるはんだを溶かす、という方法で半田付けを行いました。

ピンセットがないので普通のラジオペンチを使ったのですが、これが非常にやりにくい・・・・・・。先でつまんで微調整することができないので苦労しました。

表面実装部品の半田付けは大変ですが、小型化軽量化のために避けて通ることができないので確実に成功させられるようになりたいものです。本番用の基板もそろそろ作り始めるのでしっかり練習を積みたいと思います。

そりでは、ぽやしみなさい。

雪トレ

こんばんは。パイロットの大塚です。パイロットっぽいこと書くのは久しぶりになりますね。

かなり前にエアロバイクを漕いでトレーニングをしているとブログ書いたと思いますが、最近は北の大地に降り積もる雪を利用したトレーニングをしているので紹介します!

まずは、ママさんダンプ!

1486634744296.jpg

ママさんダンプとは写真に写っている赤いソリみたいなやつです。

ママさんダンプで雪を運ぶことで下半身が鍛えられます!地面が凍っていてつるつるなこともあり、雪をいっぱいのせたママさんダンプによる下半身への負荷は素晴らしいです(^∇^)

続いて、雪塊スクワット!

1486634726765.jpg

雪かき中に見つけたでかい雪の塊を背負って行うスクワットです。これくらいの雪の塊になると結構重いので、頭の上まで持ち上げるのも一苦労です笑。

最後に、メンストランニング!

1486634610384.jpg

北大のど真ん中を突っ切る長い長いメインストリートでのランニングです。凍ってるからか、いつもより下半身に効いてる気がします!(気のせいかも)


北大ならではの不思議なトレーニングですが、しっかり下半身には効きますよ!スキーにでも行ったときに試してみては!?


先日、大阪で開催された鳥人間コンテストの説明会に参加したのですが、行く途中で飛行神社に立ち寄り航空安全のお守りを買ってきました。

1486635166058.jpg

今年度も無事故で終わると良いですね。

それでは!

フェアリング設計しています。

こんにちは、コクピ班長の永本です。

現在コクピ班では班員にBBマウントを作成させつつ、班長の僕はフェアリングの設計をしています。
もちろん、空力設計や電装班、パイロット等とも話しながら決めてます。

フェアリング

今のところ上図のようになりそうです(パイロットの描き方が変な点は目を瞑ってください・・・)
注意した点は主に3つあります。
まず、電装やテンショナー設置のため前パイプに斜めパイプとの接合部から250mm以上のスペースを作ったこと。
次に、下面や上面に翼型の曲線を用いることで風を滑らかに流し、表面から剥離しない且つ前方投射面積と側方面積がなるべく小さくなる位置で後ろ側が切れていること。(上面の後ろ側は-13度の角度をつけているのですが、この角度は車のトランク等にも応用されている角度らしく、抗力が小さくなるらしいです。)
最後に、パイロットの各点から50mm以上フェアリングが離れていること。
以上の三点に気をつけて設計しました。

あとは、パイロットをちゃんと書き直し、Solid Worksで流体解析(これは時間があれば)してもう一度空力設計らとチェックしたら決定(だと思いたい・・・)

ちなみに余談ですが、コクピ班長は最近コクピの仕事以外に鳥コン書類の管理、交流会資料の作成、バイトなどもしていてなかなかにハードです。マジキチ・・・

でもここまで来たらやるしかないですよね。というわけで明日からも頑張ります。
バイトに遅れそうなので今回はこのあたりで失礼します。
プロフィール

Author:北海道大学人力飛行機製作サークルNorthernWings
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム